少人数向け演劇台本を無料提供。

ハイ・ホー(4人用)

●4人 ●30〜45分程度

●あらすじ

テレビの仕事で森に迷い込んだ女性が、三人の小人と出会い、小人を取材するうちに、自分の本当にやりたかったことをみつける、といった話。劇中劇の部分あり。

●キャスト

女性1
小人A
小人B
小人C

●台本(全文)

森の中。

女性1、地図を片手にキョロキョロしながら登場。

女性1 …どうしよう。どこなのここ。誰かぁ〜。誰かいるぅ〜。(しばし沈黙。耳をすますが返事なし)…いるわけないか。森の中だもんなァ。(携帯電話をカバンから取り出し誰かにかけようとするがつながらない)ア〜もうヤダ、こんな時に限って調子悪いし…。だから来たくなかったんだよ。(携帯電話をカバンにしまい、あたりを見回して)…どうしよう、霧も出てきたし…。誰かぁ〜。誰かいるぅ〜。

ハイホー♪の曲流れる。

曲に合わせて三人の小人登場。手にはツルハシ。楽しげに歌い踊る。

曲が終わって、小人たち、女性1の前でキメのポーズ。

女性1 あなたたち、誰?

小人A 小人。

女性1 小人? …小人ってあの小人?

小人B そうだよ。

小人C まちがいなく小人だよ。

女性1 まさか…。

小人A 道に迷ってるみたいだから出てきてあげたんだよ。

女性1 道に迷ってるのはたしかだけど…。どうして森の中に小人がいるわけ。

小人B 小人は森にいるもんだよ。

小人C ボクたち、森のことならなんだって知ってるんだよ。

女性1 そうなの! じゃあこの森から出る方法を教えて。どっちに行けばいいの!

小人C それは知らない。

女性1 森のことならなんだって知ってるって今言ったじゃない。

小人C 森のことならなんだって知ってるよ。

小人A でも、ボクたち、森から出たことはないからね。

小人B 出る方法だけはわからないんだよね。

小人C あっ、そうだ。歩きたいように歩いてたらそのうちなんとかなるんじゃないかな。

小人A う〜ん。なるほど。

小人B そうかもしれないね。

小人たち、ああでもない、こうでもないと相談を続ける。

女性1 ああ、じれったい。もういいわ。一人で行くから。

女性1、立ち去ろうとする。

小人A (女性1を呼び止めるように)ねぇ。

女性1 何?

小人B ここでしばらく休んでいきなよ。

小人C そうだよ。一緒に遊ぼ。

女性1 私、急いでるの!

小人A 焦っちゃだめだよね。

小人B そうだよ、焦るとよけいに迷うよね。

小人C 森はそういうところなんだよね。

女性1 (小人たちの話には耳をかさずに)あっ、そうだ。小人さんたち。

小人A 何。

女性1 ケータイとか持ってないかな。

小人A (首をひねりつつ)ケータイ?

小人B (首をひねりつつ)ケーターイ?

小人C (首をひねりつつ)ケターイ?

三人で ちょっとタイムお願いします。

小人たち集まってひそひそ相談。

小人A 何だと思う。

小人B あっ、あれじゃないかな。サラリーマンがふだんは首にまいてて、酔っぱらうと頭に巻いたりするやつ。

小人A それネクタイでしょ。

小人C  あっ、わかった。透明人間が体に巻いてて、ほどいていくと最後はメガネと帽子だけになっちゃったりするあれじゃないの。

小人A それホータイでしょ。

小人C そっかぁ〜。

小人たち、ああでもない、こうでもないと相談を続ける。

女性1 あの、もしもし。

小人A あっ、ハイ。

女性1 (携帯電話を取り出し)これなんだけど。

小人B 何ですかそれは。

女性1 だからケータイよ。

小人C いったいそれで何をなさるんでしょうか。

女性1 ふつう電話をおかけになるんですが。

三人で ホォ〜。

女性1 ケータイとか知らないんだ…。

三人で ハイ。

女性1 …困ったなぁ。なにか連絡のとれる方法ってないのかしら。

小人A 手紙を出せば!

女性1 手紙は出せるの?

小人B 出せるよ。

小人C シカのツノに結ぶんだよね。

小人A 返事が返ってきたことはないけどね。

女性1 ハァ?。

小人B シカだよシカ。シカを知らないの?

女性1 シカくらい知ってるわよ。

小人C じゃあ、ツノがわからないんだ。

女性1 あなたたち、私をバカにしてるの!

小人A そんなことないよ。

小人B 小人はお姫様の味方だよ。

小人C ボクたち、久しぶりにお姫様が来てくれたんで、すごくうれしいんだよ。

女性1 お姫様? 私がお姫様?

三人で そうだよ。

小人A ずいぶん待ったよね。

小人B もう来ないかと思った。

小人C でもやっぱり来てくれたんだよね。

三人で バンザーイ。バンザーイ。

小人たち輪になって踊る。

女性1  (それを見ながら、つぶやくように)この子たち、私のことお姫様だと思ってるんだ…。(しばらく考えて)…ねぇ。

小人A 何?

女性1 小人さんたちは本当に私の味方なの?

小人B トーゼン。

女性1 じゃあ、お姫様の言うことはなんでも聞いてくれる?

小人C 絶対聞く。

女性1 じゃあ、ひとつお願いしてもいいかな。

小人A 何?

女性1 実は私、テレビの仕事で来てるんだけど、小人さんたちのこと取材させてくれない?

小人A (首をひねりつつ)シュザイ?

小人B (首をひねりつつ)シューザーイ?

小人C (首をひねりつつ)シュザーイ?

三人で ちょっとタイムお願いします。

小人たち集まってひそひそ相談。

小人A 何だと思う。

小人B あっ、あれじゃないかな。健康診断でバリウム飲まされたあとに飲むやつ。

小人A それゲザイでしょ。

小人C あっ、わかった。サイじゃない。サイ。シロサイとかクロサイとかいるじゃない。きっと朱色のサイだよ。

小人A ああ、朱色のサイか。それはたしかにシュザイって言うかもしれないね。

小人B でも、もしそうだとしたら「シュザイする」っていうのはどういうことなんだろう。

小人C う〜ん。わからない。

小人たち、ああでもない、こうでもないと相談を続ける。

女性1 あの、もしもし。

小人A あっ、ハイ。

女性1 ちょっといいかしら。シュザイっていうのはね、薬でも動物でもないの。そういうのじゃなくて、(カバンからビデオカメラを取り出し)これで小人さんたちの生活を記録させてほしいの。

小人A なーんだ。

小人B そんなことならおやすいご用だよ。

小人C さぁ、どーぞどーぞ。

三人、小人的なキメのポーズ。

女性1 あっ、ありがと。でもね、そういうのじゃなくて、もっと自然にしててもらいたいんだけど。

小人A あっそうなの。

小人B 自然っていうと…。

小人C (小人C脱力して)こういう感じかなぁ。

女性1 う〜ん。ちょっと違うんだなぁ〜。たとえばさぁ、小人さんたちツルハシ持ってるじゃない。

小人A ああこれ。

小人B すごいでしょ。

小人C これで穴を掘るんだ。

女性1 でしょ〜。そういうところをこのカメラで撮らせてくれればいいんだけど。

三人で なーんだ。

女性1 で、とりあえず、その洞窟ってどこ?

小人A 洞窟?

女性1 宝石を掘ってるんでしょ。洞窟で。

小人B 違うよ。

女性1 じゃあ何を掘ってるの?

小人C 土だよ。

女性1 土?

小人A うん。

小人B 昔は穴を掘ったら宝石がたくさん出てきたって聞いたことがあるけど、最近はそういうのはないよね。

小人C うんうん。ないない。

女性1 最近って?

小人A ボクたちは一度も見つけたことない。

小人B 見つかったら素敵だろうけど。

小人C たぶん埋まってないよね。宝石なんて。

女性1 じゃぁあなたたち、どうして土を掘ってるの?

小人A どうしてって…。そりゃぁ掘るのが楽しいからだよ。

小人B そうそう。掘るのって楽しいよね。

小人C 一生懸命掘ってると、ほら(客席を指さし)こんな大きな穴ができるんだよ。

女性1 (客席を見て)この大きな穴、あなたたちが掘ったの?

小人A うん。

女性1 何も埋まってないのに?

小人B うん。

女性1 それってムダよね。

小人C そうでもないよ。いらなくなったものとかを捨てるときに使える。

女性1 いらなくなったもの?

小人A うん。たとえば…。

小人B そうだなぁ…。

小人C ツルハシとか!

小人C、突然、持っていたツルハシを客席に投げようとする。

小人A ダメだよツルハシは!

小人B ツルハシを捨てたら穴が掘れないじゃないか!

小人C あっ、そうか!

小人A (客席をのぞき込み)それに、ひょっとしたら穴の底に何か生き物がいるかもしれない。

小人B もし、その生き物にツルハシが当たってごらんよ。

小人C うんうん、けっこうやっかいなことになるかもね。

三人で アハハハハハ…。

小人A (客席をのぞき込みながら)大きなモノはやめたほうがいいね。

小人B (客席をのぞき込みながら)うん、小さなモノだけにしよう。

小人C (客席をのぞき込みながら)小さくてもとんがったモノはダメだよね。

三人で アハハハハハ…。

女性1 (ひとつせき払いをして)……つまり、宝石の出る洞窟はもうないってことね。

小人A はい。

女性1 で、特にどこってこともなく、三人で穴を掘って遊んでるんだ。

小人B はい。

小人C お姫様もどう?

女性1 いえ、けっこうです。(少し考えて)…う〜ん。じゃあ、おうちを見せてくれる。小人のおうち。あるんでしょ、森の中に、小さなおうちが。

小人A ない。

女性1 家もないの?

小人B ありません。

女性1 どーしてよ。

小人C なんとなく…。

女性1 君たち夜はどうしてるの?

小人A どうしてるって…。(顔を見合わせ)

小人B 寝るよね。

小人C うん、寝る寝る。暗くなったら寝る。

女性1 どこで?

小人A 森で。

小人B うんうん。

小人C 森はボクらの家だよね。

女性1 (少しあきれて)あっそう。つまり小人の家ってのもないわけだ。

小人A はい。

女性1 あのさぁ、私さっきから言おう言おうと思ってたんだけどさぁ、言ってもいいかな。

小人B どーぞ。

女性1 そもそも。そもそもよ。あなたたちお姫様を待ってた森の小人よね。

小人C はい。

女性1 じゃぁなんで三人なのよ。ふつう七人でしょ、こういうのは。

小人たち顔を見合わせ。

三人で ちょっとタイムお願いします。

小人たち集まってひそひそ相談。

小人A どうしようか。

小人B 困ったね。

小人C あれをやるしかないかな。

小人A うん、あれをやるしかないね。

小人B よし、ガンバろう。

小人たち一列に並んで。

小人C (女性1に)では、はじめさせて頂きます。ヨーイはじめ!

小人たち、反復横跳び。

小人A (ジャンプしながら)どうでしょう。

女性1 どうって?

小人B (ジャンプしながら)何人に見えますか?

女性1 三人だけど…。

小人C (ジャンプしながら)こんなんじゃダメだ。もっと早く!

小人たち、さらにすばやく反復横跳び。

小人A (ジャンプしながら)これでどうでしょう。

小人B (ジャンプしながら)何人ですか、何人に見えますか!

女性1 三人。

小人C (ジャンプしながら)パワーアーップ! 全開フルスロットルで!

小人たち、さらに激しく反復横跳び。

三人で どっ…どうですか…。

女性1 (あきれて)七人よ。七人でいいわよ。

小人C よーし。オッケー!

小人A やったね。

小人B やりましたね。

小人C やればできるんだよ。

小人たち、手を重ねて。

三人で オー!

女性1 ねぇ。

小人A あっ、ハイ。まだ何か?

女性1 人数的なことはもういいとしてよ。ある意味、もっと根本的なことなんだけど…。

小人B ドキドキするね。

小人C うん、ドキドキする。

女性1 あなたたち、小人のわりには大きくない?

小人A きったぁ〜。

小人B やっぱり。

小人C だろぉ〜。絶対言われると思ったんだ。

小人A どうする?

小人B あれ出しますか。

小人C ああ、あれ出そう。(女性1に)ちょっとお待ちください。

三人、去る。

やがて、各自、ざぶとん程度の大きさの板を持って登場。

小人C 整列。

小人AとB (横一列に並んで)整列終わり。

小人C ヨーイはじめ!

小人たち、板を裏返して、その板のうしろにしゃがみ、頭だけだす。

板には、小人の首から下の絵が描いてあり、ちょうど体が小さくなったように見える。

小人A どうでしょう。

小人B 少し小さくなれたような気がするんですが。

小人C こんなもんですよね、小人って。

女性1 (かなりあきれて)ハイわかりました。もう十分です。

三人 やったぁ〜! 成功だぁ〜!

女性1 悪いんだけど、少し一人にしてくれないかな。ちょっと考えをまとめたいんだけど…。

小人A うん。

小人B わかった。

小人C じゃ、しばらくキューケイ!

小人たち、消える。

女性1、しゃがみこんでひとりごと。

女性1 アー疲れた…。せっかくチャンスだと思ったのに…。やっぱりムリなのかな、私には、(カメラをながめつつ)ドキュメンタリーなんて…。(しばし膝に顔をうずめる。やがて顔を上げて)でもイヤ。絶対イヤ。このままバラエティ班の使いっ走りで終わりたくない!(立ち上がって)大体変よ!
なんで私がこんな仕事しなきゃなんないのよ! 私がやりたいのはこんなことじゃない! (カバンから書類を取り出し)何よ、この企画。最低よ! (書類を読む)「世界動物ウルルンバリュー」ダサいタイトルね、まったく。(書類を読む)「動物たちの世界にテレビでおなじみのタレントが飛び込んで一週間一緒に過ごすとうちに、動物との間に友情が芽生える」…芽生えるわけないじゃない。相手は動物よ。(書類を読む)「動物とのふれあいを通ぉ〜して、自然の偉大さに気づく人間の姿を通ぉ〜して、視聴者に感動を伝える番組がコンセプト」…通しすぎよ。バカじゃないの。(書類を読む)「最後は、スタジオに向けてクイズを出題。一緒に過ごした動物一匹分の値段を当てさせる」…どういう趣旨なのよ。なんで「では問題です。さて、この動物一匹の値段はおいくらでしょうかぁ〜」とかやらせるわけ。おかしいじゃない。事務所からレンタルした動物だってこと、制作サイドが自分でバラしてるようなもんじゃない。見え見えよ。しかもロケっていうのもウソっぱちで、ほとんどスタジオで撮ってるんだもの、お笑いよね。で、私ときたら、そんなテキトーな番組作りの片棒かつがされ、「スタジオで撮れない生の景色をチョコチョコッと撮ってきて」なんて言われて、ノコノコこんなとこまで来たわけだ。こんなしょぼいカメラ一台もたされてさ。アーまったくくだらないわ。なにもかもくだらない。(再び書類を読む)なになに「ムササビも人間も同じ生き物なんですね。感動です」アア、これスタジオのゲストのセリフか。涙もろいやつ何人か集めて毎回毎回こういうクサいこと言わせるんだもんなぁ、やんなっちゃうよ。(書類を読む)「ここで司会者。〈今日はスタジオに、一緒に暮らしたムササビさんと、お友達のモモンガさんが来てくれていまーす〉」おいおい、ムササビとモモンガっていつから友達なんだよ。呼ぶなよスタジオに。ありえないってーの。アーバカバカしい。全部が全部バカらしい。そして一番バカらしいのが、この今の私の状況よ!
(遠くを見つめて)……でも絶対このままじゃ終わらない。絶対終わらないから。(カメラを手に)どんなことをしてもモノにしてみせる。小人のドキュメンタリーでみんなをアッと言わせてやるから。

女性1、カメラをのぞき込む。

その向こうに小人たちが立っている。

女性1 アッ。

小人A どうかした?

女性1 うっ、ううん。なんでもない。ちょっと考えごとをしてただけ。

小人B だいじょうぶ?

女性1 だいじょうぶだいじょうぶ。

小人C 次は何をするの?

女性1 あっ、次ね。うん。私ちょっと考えたんだけど、宝石もないし家もないでしょ。だからちょっとテーマを変えようかと思ってるの。

小人A テーマを。

小人B 変える?

女性1 そうなの。さっき自然なところを撮りたいって言ったけど、思ってたより殺風景っていうか、絵にならないっていうか、要するに起伏が足りないような気がするの。

小人C うんうん。

女性1 でね、とりあえずあなたたち三人のキャラを決めておきたいんだな。

小人A キャラ?

小人B なんだろ?

小人たち、集まろうとする。

女性1 ああ、いいのいいの。そんなにむずかしいことじゃないんだから、相談しなくていいのよ。つまりね、なんて言うのかなぁ。今の小人さんたちって三人で一人みたいなところあるじゃない。

小人A うん、そういえば。

小人B そうかもしれない。

小人C ね。

女性1 ほら。一人がしゃべってるみたいでしょ。

小人A ほんと。

小人B だ。

小人C ね。

女性1 やっぱりカメラに記録するからにはさぁ。一人一人の個性がキラキラしてないといけないと思うのよね。

三人で 宝石のように!

女性1 そうよ。まさしくそういうことなのよ。ダイヤもあれば、ルビーだってサファイアだってあるでしょ。ひとつひとつ石の輝きが違うじゃない。私はそういうのが撮りたいのよ。

三人で なるほど!

女性1 じゃ、早速始めたいんだけど、とりあえず名前教えて。

小人たち顔を見合わせ。

小人A (小声で)名前だって…。

小人B (小声で)名前ねぇ…。

小人C (小声で)今回のお姫様はいろいろあるねぇ…。

小人たち集まってひそひそ相談。

しばらくして戻ってきて。

小人A ピッチ。

小人B ポッチ。

小人C プッチ。

三人で 三人合わせてピッチポッチプッチ!

三人、得意げに小人のポーズ。

女性1 …今、考えたんじゃないでしょうね。

小人たち、モジモジ。

女性1 怪しい。……まっ、いいわ。あなたがピッチで、あなたがポッチ。で、あなたがプッチね。

三人で ハーイ。

女性1 う〜んと、じゃあどうしようかな。まずピッチ。…あなたはねぇ〜。そうだ、あなたはこの森から出て行きたくってしかたがないの。いい。

小人B エ〜ッ! ひどいよピッチ!

小人C そうだよ。一人で出て行くなんてひどいよ。

小人A ボクだってイヤだよ!

小人たち大騒ぎ。

女性1 落ち着いて! とりあえずキャラを決めてるだけだからね。いい。わかる? ホントに森から出て行くわけじゃないの。

小人A そうなの?

女性1 う〜ん、なんていうか、遊びよ遊び。ごっこ遊びだと思って。

小人B なんだ、ごっこ遊びか。

小人C それならボクたち得意だよ!

女性1 じゃ、続きを説明するわよ。でね、ピッチは町へ出て有名になりたいの。だって宝石も見つからないのに、毎日毎日穴ばかり掘ってるんだもの、いいかげんイヤになるじゃない。(小人Aを見て)いい?

小人A うん。

女性1 じゃ、次、プッチ。あなたはね、ピッチと逆で、この森に残って穴を掘り続ける決心をしてるガンコな性格よ。

小人C わかった。

女性1 で、ポッチは、ピッチとポッチの間で揺れてる優柔不断な性格ってことでいくから。

小人B ゆーじゅーふだん。

女性1 つまり、どっちつかずってこと。

小人B ああ、ハイ。

女性1 いいわね。

三人で ハーイ!

女性1 で、ここからどうしようかな…。

女性1にスポット。

小人三人は消える。

女性1独白。

女性1 そうだ! ピッチはいよいよ決心して森を出て行くことをポッチとプッチに打ち明けるの。プッチとはそれでケンカになるんだけど、ピッチの決意はかたくて、で、二人のケンカをみてたポッチは、どうしていいかわからなくてすごく迷うんだけど、ピッチを一人で行かせることができなくて……。

女性1消える。

小人三人、立っている。(三人とも今までとは雰囲気が違う)

小人C おい、どうしても行くのかよ!

小人A アア、もう決めたことだからな。

小人B ねぇ、ピッチ。今までどおり三人でここで暮らしましょうよ。

小人A イヤだね。もうこんなところにいるのは飽き飽きさ。掘っても掘っても宝石なんか出やしないじゃないか!
もうこの森には宝石なんかないんだよ!

小人C そんなことあるもんか! 宝石は必ずある!

小人A どうしてそんなことが言えるんだよ。今までこんなに掘ったのにたったのひとかけらだって見つからなかったじゃないか。

小人C いつかきっと見つかるさ。

小人A じゃあ一人で好きなだけ掘ればいいだろ。オレはこんな森の奥で一生穴を掘って終わるのはまっぴらごめんさ。

小人C 何だと!

小人C、小人Aにつかみかかる。

小人B やめて二人とも。ケンカしないで!

小人A (小人Cの手をふりほどき)とにかくオレは出て行く。

小人C 勝手にしろ!

小人C、走り去る。

小人A フン。バカだなプッチは…。(小人Bを見て)ポッチ、お前はどうすんだよ。

小人B …あたしは…。わかんないよ…。

小人A 一緒に行かないか、町へ。二人で有名になろうぜ。

小人B …でも。

小人A だいじょうぶさ。

小人B う…うん。

小人Aと小人B、小人Cとは反対方向へ去る。

女性1浮かび出る。

カメラをのぞきながら独白。

女性1 いいじゃない、いいじゃない。やればできるじゃない。え〜っと、この後は…。ピッチとポッチは森を捨てて町へ出て行くのよ。で、ピッチはたまたま目にした映画のオーディションを受ける…と。ところが、やる気満々のピッチはあっさり落ちて、ついて行っただけのポッチがプロデューサーの目にとまっちゃうわけだ。で、もうこのあとはお決まりのコースよ。ポッチはトントン拍子にスターの階段を登っていく。一方ピッチは何をやってもうまくいかず、すべてを失ってヨロヨロと森に舞い戻る……。

女性1消える。

ヨロヨロと小人Aが歩いてくる。

反対から小人C、ツルハシを手に登場。

小人Aを見つけて。

小人C ピッチ、ピッチじゃないか!

小人C、逃げようとする小人Aの手をとって。

小人C どうしたんだよピッチ。なんで逃げるんだよ。

小人A オレ……ダメだった…。

小人C ダメ? どういうことだよ?

小人A オレ、もうダメだ…。

小人C バカ。何言ってんだよ。元に戻っただけじゃないか。

小人A 元に…戻った…。

小人C そうだよ。元の場所に帰ってきたんだから、また一から始めればいいだけだろ。

小人A でも、何をすればいいか自分でもわからないんだ…。

小人C ちょっと待ってろ。

小人C、走り去り、もう一本ツルハシを持って戻ってくる。

小人C ほら。

小人A これは。

小人C お前のだよ。

小人A ピカピカにみがいてある…。プッチ、オレのために…。

小人C おかえりピッチ。戻ってきてくれてうれしいよ。

小人A プッチ!

小人C ガンガン掘ろうぜ!

小人A アア。

小人Aと小人C、去る。

女性1浮かび出る。

カメラをのぞきながら独白。

女性1 そして数年が過ぎる。ピッチとプッチは毎日毎日穴を掘り続けていた。…そんなある日、スターになったポッチが帰ってくる。

女性1消える。

小人B現れる。

小人Bは派手な衣装と宝石をつけている。

小人B アア、ノドがカラカラ。(後ろを振り返り)ちょっと、誰か、レモネード入り爽健美茶のエビアン割り持ってきて!
…えっ? ないの? 買ってきなさいよ! はぁ? 三時間。三時間かかるの。もういいわよ、あたしがガマンすればいいんでしょ。…まったく役たたずばっかりなんだから…。…それにしても変わらない森ね。土と木とくずれそうな穴と。アア気が滅入るわ。とっととすまして早く帰りましょ。

小人Aと小人C、ハイホー♪を歌いながら楽しそうに出てくる。

小人AとC ♪ハイホー、ハイホー、仕事が好きぃ〜♪

小人C、小人Bを見つけて。

小人C あっ、誰かいる。

小人A あっ、あれは!

小人C ポッチ、ポッチなのか?

小人B あら、プッチじゃない。それにピッチも。お久しぶりね。

小人A う、うん…。

小人C お前、ずいぶんハデになったなぁ。

小人B あらそう。今日はこれでもずいぶん地味にしてるのよ。

小人C その手にしてるの宝石だろ。

小人B ええ。

小人C どこで見つけたんだよ。

小人B どこって、(宝石を手にとりながら)これとこれはティファニーで、これは、どこで買ったんだったっけな…。

小人C 買った?

小人B ええ。買ったのよ。

小人C 掘りあてたんじゃないんだ…。

小人B (クスクスと笑いながら)当たり前でしょ。なんであたしが穴掘らなきゃなんないのよ。プッチ、いいことを教えてあげるわ。宝石っていうのはね、掘るものじゃなくて、買うものなのよ。お金を出してね。それが普通なの。

小人C でもさぁ…。

小人B 変わらないわね、プッチは。…ね、ピッチならわかるわよね。町で苦労したあなたなら。

小人A アァ…。で、…なにしに来たんだよ…。

小人B ああ、そうそう。実はね、今度テレビであたしのドキュメンタリーをやるのよ。でね、ぜひ生まれ育ったふるさとを取材させてくれって言うもんだから。…あっ、そうだ。ちょうどいいわ。あなたたちも昔の友人ってことでテレビに出してあげる。ちょっとカメラさん、この人たち適当に撮っておいてちょうだい。

女性1出てきて、カメラを小人Aと小人Cに向ける。

小人C いいよ。オレは。

小人A オレも…。

女性1なおも小人Aと小人Cを撮ろうと近づく。

小人C、ちょっとムッとして、カメラを押す。

小人B 何よ、その態度。せっかくテレビに出してあげるって言ってるのに!

小人C だから、いいって言ってるだろ!

小人B ああ、そういうことか。私がうらやましいのね。

小人C そんなんじゃないよ!

小人B ピッチ、あなたはどう?

小人A ……。

小人B あなたはうらやましいでしょ。

小人C やめろよ、そんな言い方!

小人A、逃げるように走り去る。

小人C 待てよピッチ!

小人Bと小人C消える。

女性1だけが残る。

独白。

女性1 このあとポッチは、プッチがとめるのも聞かず、取材班を連れて古い洞窟に入っていく。そこで落盤事故が起こってポッチが生き埋めに。知らせを受けたプッチは、ピッチとともにポッチの救出に向かう。で、なんとかポッチは助け出されて命拾いをするわけよね。…さぁいよいよよ。ついにラストで三人の友情が復活するって寸法よ!

女性1消える。

小人Bが気を失っている。

小人Aと小人Cが抱き起こすように支えている。

小人B、目を開ける。

小人A アッ、気がついた。

小人B アア…ピッチ…。あなたたちが助けてくれたのね。…あたし…。ゴメンナサイ!

小人C あやまるなよ。オレたち友達だろ。

小人B …友達。

小人A そうさ、友達さ。

小人B …あたし、どうかしてた…。

小人A もういいよ。

小人C 気にすんなよ。

小人B ほんとにゴメンナサイ。

小人C ゴメンナサイはなしだってば。

小人A よかった。これで友情復活だね。

小人B 友情…。復活。

小人C (立ち上がって)オレ、見つけたよ!

小人A 何をさ?

小人C 宝石を。

小人B 宝石?

小人C ああ、今やっとわかったよ。三人の友情こそが、オレにとっての宝石だったんだ!

女性1、カメラをのぞきながら登場。

三人に近づいていく。

女性1 できたできた。一本まとまったわ。じゃ、最後にキメゼリフお願いしまーす。

小人B、すっくと立ち上がって。

小人B では、ここで問題です。(小人Aと小人Cを指し示し)この小人二人とツルハシ二本、あわせておいくらでしょーか!

女性1 ハイ、オッケー! お疲れさまぁ〜。(と言ってから、ハッとしてカメラのファインダーから目をはずし)エッ…。…そんな…。これって…。

小人三人、消えている。

女性1驚いたようにテープを巻き戻し、再生してみる。

音のみで、

「では、ここで問題です。この小人二人とツルハシ二本、あわせておいくらでしょーか!」

女性1もう一度巻き戻し、再生。

音のみで、

「あわせておいくらでしょーか!」

女性1呆然として。

女性1 何やってんだろ、私。イヤだイヤだって思ってたくせに、気がついたら同じことやってるじゃない。…いつからこんな風になっちゃってたんだろ。

女性1、カメラからテープを取り出し、数歩前へ。

客席をのぞき込むようにして近づき、手にしたテープを客席に投げ捨てる。

女性1 決めた。私、決めた。

あたりの景色、だんだんと明るくなってくる。

小人たち、スミのほうで様子をうかがっている。

小人A 霧が晴れてきた。

小人B 霧が晴れたら、三人とも消えちゃうよ。

小人C もっとお姫様と遊んでいたかったのにぃ。

小人A しかたないよ。

小人B これでいいんだよ。

小人C おもしろかったのになぁ〜。

女性1の携帯電話が鳴る。

女性1 あっ、もしもし。…う、うん。だいじょうぶ。電波の調子が悪かったみたいだけど、直ったみたい。

小人A  (ひそひそと)誰だろ?

小人B  (ひそひそと)王子様じゃないの。

小人C  (ひそひそと)近頃の王子様は電話ですますんだね。

三人    アハハハハ……。

小人三人、消える。

女性1、電話を続けている。

女性1 うん、森の中。迷っちゃってたみたいだけど、…うん、もう霧も晴れたみたいだから心配しないで。…だいじょうぶだってば。うん、心配しないで。歩きたいように歩いてればそのうちなんとかなるもんよ。…私ね、一からやり直すつもり。…えっ?
そう? 元気になった? そうかなぁ。うん、でもそうかもしれないね。戻ったらまた連絡するね。うん、バイバイ。

女性1、携帯電話を切る。

女性1 あれっ? みんな、どこ?(あたりを見まわすが、小人たちはいない)アッ…穴も消えてる! …そっか、そういうことか。(気合いを入れて)…よ〜し、いっちょういきますか。

ハイホー♪の曲流れる。

女性1、晴れ晴れとした顔で去る。(幕)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

台本一覧

  • twitter
PAGETOP
Copyright © びぶ屋台本堂 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.