少人数向け演劇台本を無料提供。

神様のつくり方

●20人程度以上できるだけ多く ●30〜40分程度

●あらすじ

無言劇。なのでセリフは一切なし。主な登場人物は4人。特定の役があるのはあと6人。その他はザワザワと大勢。大きな道具としては岩が一つ。これを神様にする方法。

●キャスト

さがし物をする男
ためらう女
ヨッパライ
動かそうとする男
女子高生二人
老婆
主婦三人
その他の人々(多数)

●台本(全文)

舞台中央に岩。

薄暗い中、上手より「さがし物をする男」登場。

手には懐中電灯。

男、懐中電灯であちこちを照らしつつ、中央へ。

岩のまわりをそわそわと歩きつつ、下手に去る。

ややあって、再び現れ、また同じように何かをさがすようなそぶり。

立ち止まって、ポケットの中やカバンの中を調べたりもするが、さがし物は見つからないらしい。

次第にイライラとした感じになり、上手へと足早に去る。

(間)

上手より「ためらう女」登場。

明らかに元気がない。鬱々とした表情。とぼとぼと中央へ。

岩にもたれかかるようにしてうなだれる。

オルゴールの音。どうやらケータイが鳴っているらしい。

女、バッグよりケータイを取りだし、耳に当てようとするが、閉じる。

再びケータイの音。女、出ようとするが途中でやめる。

鳴り続けるオルゴールの音。

女は、バッグから薬のビンを取り出す。

おもむろにフタを開け、一錠手にとり、しばし見つめる。

女、口に入れようとするが、そのときオルゴールの音消える。

女、ハッと我に返ると何度も首を振り、薬を投げ捨てると、悲愴な表情で下手へと去る。

(間。明るくなる)

上手より、「ヨッパライ」。

手には一升瓶。フラフラしながら中央へ。

岩に寄りかかってしゃがみ込む。

あぐらをかいて、一升瓶からグビグビと酒を飲み、満足げな表情。

ふと、転がっている薬を見つけ、手に取る。

おつまみにしようとでも思ったのか、そのまま薬を口に持っていくが、やっぱりやめて酒を飲む。

満足げな表情。

再び薬を口に持っていくが、何かいいことを思いついたらしい。

薬を左のてのひらに乗せ、その左手を右手で下からたたき、はねあげた薬を口で受けようと試みる。

しかし、相当酔っているので失敗。

この動作を何度か繰り返すがどうしてもうまくいかない。

「ヨッパライ」、とうとう立ち上がると、何を思ったのか薬を鼻の穴に入れ、客席に向かって発射する。

騒ぐ客席(たぶん)を見て大満足のヨッパライ。

一升瓶を手に、上手へと去る。

(間)

下手より、「動かそうとする男」登場。

スタスタと中央まで来ると、メジャーを取りだし、岩の高さや長さ、幅を細かく計り、メモ。

上着を脱ぐと、岩に手を掛け、動かそうとする。

しかし、まったく動かない。

男は諦めず、押したり引いたりを繰り返す。が、岩はビクともしない。

何度目かのチャレンジの後、ふと何かを思いついた様子で男は下手に走り去る。

再び現れた男の手には棒。

男は棒の一端を岩と地面の間に差し込み、反対側の端を肩に乗せ、テコのようにして力を入れる。

それでも岩は動かない。

男、忌々しそうに足で岩を蹴る。

相当痛かったらしい。男は足をかかえて倒れ込む。

男、しばらくして立ち上がると、地団駄を踏み、岩を睨みつけつつ下手へと去る。

(間。舞台全体暗くなる。以後、登場人物にのみ明かり)

下手より再び「ためらう女」登場。

表情、さらに暗い。

バッグから薬のビンを取りだしフタをあけると、入っていた薬をすべて手に盛る。

舞台中央、客席に向かって決意の表情。ゆっくりと手を口の前へ。

しかし手がワナワナと震え、薬、パラパラとこぼれ落ちる。

結局、薬はすべて地面に落ちてしまい、女、両手で顔を覆う。

虚脱した表情で女は岩のほうに倒れ込み、シクシクと泣き続ける。

上手より、「ヨッパライ」登場。

さらに酔っている。手には一升瓶。

酒を飲みつつ、中央に来ると、気持ち悪そうに岩にもたれかかる。

やがて岩からずれ落ち、座る様な形でその場に寝てしまう。

下手より、「動かそうとする男」登場。

手には鎖。ブルンブルンと振り回し中央へ。

男、気合いを入れ、岩に鎖を巻くと、残りの一方を持ち下手へ。

下手には、鎖を巻き取る装置があるらしい。ゴーゴーという音とともに次第に鎖は下手へ引っぱられ、岩と下手ソデとの間でピンと張る。

さらにゴーゴーという音。しかしだんだんとガガガッという引っかかるような音にかわり、バキッという音とともに鎖が切れる。

下手より男、たるんだ鎖を手に現れる。

憤りと悔しさのあまり髪の毛をかきむしりつつ中央へ。

諦めきれないのか、岩の前まで来ると体に鎖を巻き岩を動かそうとするが、ビクともしない。

男、うなだれ、その場にしゃがみこむ。

上手より「さがし物をする男」登場。

あいかわらず、手には懐中電灯。先ほどよりもいっそう落ち着かない様子で、キョロキョロとさがし物をしている。

泣き崩れている「ためらう女」や、あぐらをかいたまま寝ている「ヨッパライ」、鎖を体に巻きつけしゃがみこんでいる「動かそうとする男」などが男の懐中電灯に照らし出されるが、男はまったく興味を示さない。

やがて、岩の横に立ち、懐中電灯で岩のくぼみを丹念に調べはじめる。

ややあって、何かを見つけた様子。

顔を近づけ、それとわかると、笑顔でバンザイ。そしてガッツポーズ。

手を合わせて空を見上げたり、地面をたたいたり、尋常ではない喜びよう。

(舞台全体明るくなる)

下手より二人づれの女子高生。

うなずいたり、笑ったり、楽しそうに話をしている感じ。

ふと、一人が岩のまわりの様子に気づき立ち止まる。

もう一人も気づき、顔を見合わす。

二人の目の前には、岩を囲む様にして、すがるように泣き崩れている「ためらう女」、目をつぶり座禅をしているような感じの「ヨッパライ」、鎖を体に巻きつけ修行する行者のように体を揺すっている「動かそうとする男」、岩を指さしたり天を仰いだりしつつ、喜色満面の「さがし物をする男」がいる。

二人、興味ありげに近づき、ケータイで写真をとる。

ケータイで写真をとった女子高生二人は、納得した様子で上手へ去ろうとするが、何を思ったのか一人がふと立ち止まると、岩の前に戻って手を合わす。

もう一人も、同様に。

二人、上手へと去る。

入れ違いに下手より老婆。

どうやら二人の様子を見ていたらしい。

二人の去ったほうを目で追いつつ自分も岩の前に近づき、お財布から小銭を取り出すと、お賽銭的に岩に小銭を投げて、手を合わす。

上手より、三人づれの主婦登場。ペチャクチャとおしゃべりをしているような感じで中央へ。

ふと、一人が岩に気づき、三人、目の前の光景に立ち止まる。

老婆、岩にお辞儀をした後、主婦三人の前を通って上手へ去ってゆく。

老婆は通りすがりに何かささやいた様子。

ささやかれた主婦たちは、少し相談するような仕草。やがてうなづくと、三人並んで岩の前に立ち、小銭を投げて手を合わす。

不意に「動かそうとする男」、ガチャリと鎖を振る。

ドキリとする三人。

「ためらう女」のケータイからオルゴールの音。

さらにドキリとする三人。

「ヨッパライ」、音で目が覚めたのか、急に立ち上がると、目を閉じたまま、三人に向かって大きく「おいでおいで」のゼスチャー。

三人、なんとなく岩に近づきひざまづく。

「さがし物をする男」、バンザイをしながら三人に近づく。

三人、見様見真似で、ひざまづいたままバンザイを繰り返す。

「さがし物をする男」、今度はガッツポーズ。

三人もつられてガッツポーズ。「さがし物をする男」、一緒に喜んでくれていると思い、一人一人の手をとって頭を下げる。

なぜか感動しはじめる三人。

最後は、四人で手をつなぎ、フィナーレ的な感じで盛り上がる。

頭を下げ、上手へ去る「さがし物をする男」。

三人なにやら感動が冷めない様子。

一人は上手へ、一人は下手へ、もう一人は客席に降りてゆき、それぞれ数人を連れて戻ってくる。

集まった人々、半信半疑で岩に手を合わす。

そのとき「動かそうとする男」がガチャリと鎖を鳴らす。

「ほらねぇ〜」的な三人。

驚く人々。

今度は「ためらう女」のケータイからオルゴールの音。

「でしょぉ〜」的な三人。

どよめく人々。

「ヨッパライ」は立ち上がり、「おいでおいで」のゼスチャー。

主婦三人ひざまづく。

上手より「さがし物をする男」。人々の前をバンザイをしながら下手へと去る。

三人、祈るように手を上げ下げしはじめる。見ていたまわりの人たちもつられて同じように。

下手より「さがし物をする男」。今度は人々の前をガッツポーズをしながら上手へと去る。

主婦三人もその他の人々もガッツポーズをしながら立ち上がり、全員手をつなぎフィナーレ的な感じで盛り上がる。

(暗転。オルゴールの音)

(しばらくして少し明るくなる)

岩には鎖がはちまきの様にまかれ、お金がたくさん貼り付けられている。

半円状に岩を取り囲む人々(参加人数に応じて何重かに調節)。

全員、頭には鎖をまいている。

岩に向かって頭を下げたり、祈るポーズ。中には手を合わせてから、岩にお金を貼り付けている者も。

そこへ上手より「動かそうとする男」登場。手にはツルハシ。

どうやら岩を砕くつもりらしい。

人々を押しのけ、岩に近づくとツルハシを振り上げる。

それに気づき、押しとどめようとする人々。

しばらくもめるが、最後はツルハシを取り上げられ、男、追い払われる。

苦々しい顔で上手へ去っていく「動かそうとする男」。

上手に向かって、ツルハシを投げつけ、バンザイをする人々。

やがて全員で手をつなぎ、岩を半円状に取り囲み手を上げ下げする。

そこへ「ヨッパライ」。手には一升瓶。上手よりヨロヨロと岩の前に歩いていく。岩に貼り付けられたお金を見つけ、
剥がし取ろうとする。

半円状の人の輪、ブルブルと震える。全員冷たく怒った表情。

やがて中央の「ヨッパライ」をおしつつむように小さな輪となり、しばらくして元の大きさに戻る。

もうそこに「ヨッパライ」の姿はない。一升瓶だけが岩の前に転がっている。

下手より「ためらう女」。

泣きながら岩に近づきヨロヨロと倒れ込む。

岩をたたく女。

半円状の人の輪が再びブルブルと震え、「ためらう女」をおしつつむように小さくなっていく。

ふと、オルゴールの音響く。

「ためらう女」のケータイが鳴ったらしい。

一瞬、輪の動きが止まる。

(短い間)

輪が、少しあとずさりするかのように広がる。

(短い間)

輪を作っていた人々、ゆっくりとしゃがんでいく。

全員がしゃがんだ後、輪の中央、岩の前、「ためらう女」がゆっくりと立ち上がる。

オルゴールの音、少しずつ大きくなっていく。

女に向かって手を上げ下げする人々。

とまどう女。

しかし、しだいに歓喜の表情となってゆく。

さらに歓喜の表情から、無表情へと変わる。

オルゴールの音が小さくなってゆき、だんだんと暗くなる。

(暗転)

(暗い中)

上手より、「さがし物をする男」登場。

手には懐中電灯。地面を照らしながら歩いてくる。

男、中央まで来て、ふと、後ろに気配を感じ、胸騒ぎをおぼえ舞台奥を照らす。

懐中電灯の光で大勢の人がとぎれとぎれに照らし出される。

どうやら背面に立つ人々はケータイを手にしているらしい。

たくさんのケータイから、同時に同じオルゴールの音が鳴りはじめる。

次の一瞬。一斉にケータイが開かれる。

暗い中で、液晶の画面に照らされ、たくさんの顔がぼんやり浮かび上がる。

恐怖で後ずさりする男。

懐中電灯を投げ捨て、転がるように下手へ逃げ去る。

(短い間)

「ためらう女」舞台奥から静かに現れ、「さがし物をする男」が残していった懐中電灯を手に取る。そして何度か自分の顔に向けて明滅させた後、自分の顔を下から照らしながら、持っていたケータイを岩の上に置く。

女はゆっくりと岩の後ろに回り込むと、正面に向き直り、無表情のまま沈み込むように(溶け込むように)岩の陰に消える。

背光のように残っていた懐中電灯の明かりも消え、岩のみに。

人々、中央に集まりはじめ、祈りをささげるかのように、順々に岩にケータイを置いていく。

岩、光るケータイで装飾され、発光。

オルゴールの音はいつまでも鳴りやまない。(幕)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

台本一覧

  • twitter
PAGETOP
Copyright © びぶ屋台本堂 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.